ケール青汁効果・効能【こんな人は青汁を飲んでいる】

ケール青汁 健康

ケール青汁ってずっと前から気になっていたのだけど、
飲むと健康維持のためにもいいの?
具体的にどんな人が飲んでいるの?
どうして?なんのために?

ケール青汁が気になっている方向けです。

ケール青汁は薬ではないので、飲んだらすぐに効いたということはありません。
あくまでも毎日飲んでいるとケール青汁に含まれる栄養素が徐々にカラダに行き渡ってすこしずつ効果が見えてくるものです。

ケール青汁はとても栄養価が高く、継続して飲むことでだんだんと調子が良くなってきます。

「ケール青汁を飲み始めて最近調子がいいのだよ!」

このような言葉をケール青汁ユーザーからよく聞くことがあります。継続は力なり。
本日はどんな方にケール青汁がオススメなのかを説明します。

ケール青汁の選ぶポイント5選

  1. 野菜不足解消
  2. 生活習慣病予防
  3. 便秘解消
  4. 美容
  5. ダイエット

一つ一つポイントを解説します。

なお、先ほども書きましたが「継続は力なり」。長く飲んでいただくことに意味があります。

1.野菜不足解消

野菜

ケール青汁は少しの量でかなりの量の野菜を取ることができます。
現代人の野菜不足にも効果絶大。

ケール青汁粉末5gには「生ケール約100g」程度が含まれます。
葉物の野菜を乾燥すると重さはおおよそ5%になります。

現代人が1日に必要な野菜の量350gなのでケール青汁粉末を17.5g取れば済む量です。
とても簡単に野菜不足を解消できそうですね。

もちろん1日の野菜がケール青汁粉末だけというのはよくないかもしれません。
できたらケール青汁は1日10gにして、食事から残りの野菜(150g程度)を取るようにすればベストです。

でももし野菜がどうしてもとれないって場合は青汁だけでも飲んでいる方がましです。

2.生活習慣病予防

生活習慣

生活習慣病は一度なってしまう治療に長い時間がかかってしまいます。
糖尿病、肥満、高血圧、ガンなど。これらは完治にすごく時間がかかります。

そんな生活習慣病の予防として食事面のサポートに役立てるのにもケール青汁は有効です。

100ccの水にケール青汁粉末を3g入れて混ぜて飲む。これを毎食前の習慣にしていけば生活習慣病の予防につなげていけます。

3.便秘解消

便秘解消

女性がケール青汁をはじめて効果を実感するのがこの「便秘解消」。

ケールにたくさんの食物繊維が入っています。
加えて、飲む際に水で流し込むのでお通じに影響を与える水分不足の解消にもつながります。

飲むポイントは夜寝る前と、朝いちばんです。
このタイミングにケール青汁を飲むとカラダがスムーズにお通じにいってくれるようになります。

4.美容

美容

ケール青汁には様々な栄養素が入っています。

  • ベータカロチン
  • ビタミンC
  • ビタミンE

そのなかでもこれらの栄養素は抗酸化作用があり、細胞が古くなるのを遅らせる効果が期待できます。

加えて、ビタミンCはコラーゲンを作るのに関係していて、お肌の調子が良くなるのに役立ちます。

5.ダイエット

ダイエット

ケール青汁は3.便秘解消でも書いた通りお通じの調子が良くなります。
加えて、むくみ解消効果も期待されるので「水太り」の解消にもつながっていきます。

さらに、毎食前にケール青汁を飲んでいただくことで満腹感がいつもより早く満たされて食べ過ぎ防止にもつながってきます。

ケール青汁は粉末状態でどこにでも持ち運びできますので、けっこう手軽に持続できる点にもメリットがあります。

気軽にチャレンジできるダイエットだといえます。

飲むタイミングに関してはこちらを参考にしてみてください。【3タイミングで減量成功】ケール青汁ダイエット

ケールの青汁を飲んでいる父

ここからは私の父の話になります。

父は大きなガンを経験しました。
ステージ4でかなり危険な状態までいきました。
家族みんな見守ることしかできずにいましたが、なんとか奇跡的に回復してくれています。

こういった経験もあり私は父のために何かできないかを考え、自家製のケール青汁を作ることにしました。

どんな品種がいいのか。どんな作り方がいいのか。いつ飲めばいいのか。
さまざまなことを研究して、ようやく完成した青汁を父に飲んでもらっています。

おかげさまでいまも健在な父の体調はみるみるよくなりガンも再発することなく元気にすごしています。
120キロあった体重は100キロになり、趣味の釣りに連日いけるほどです。

家族の回復に貢献できたことはとてもうれしく、これが私のケール青汁を作り続ける原動力にもなっています。
これからも最高のケール青汁を作り続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました