タマネギ苗100本植え(極早生ジェットボール)

今日は朝早くからタマネギの苗を定植しました。その時の様子を画像で解説していきます!

湿らす

種まきも定植もそうですが、まずは地面が濡れていないとはじまりません。

土の表面がきちんと濡れているかを確認して、もし濡れていない場合は水をまきます。

なちゅbioの畑は今回濡れていなかったのでホースでさっと水をまきました。

苗束の分散

定植する前に一定の距離をあけて苗の束を配置しておきます。

こうしておくことで一気に大量の苗を持たずに済みますし、なんども行ったりきたりする手間も省けます。

穴をあける

これも「苗束の分散」と同じで作業の効率化のためにやっていきます。

園芸用の支柱で2~3㎝の穴を事前にあけます。こうすることで、いちいち指で穴を作らなくてもよくなります。

植える際は根をすぽっと入れたら、すこし土を寄せて軽く押さえてやればいいだけなのでとても作業がスピーディーに進んでいきます。

苗をまっすぐ真ん中に植える

穴あきマルチに植える場合は苗がしっかりまっすぐに立っているようにして、かつマルチ穴の真ん中にくるように注意して植えました。

もし苗が曲がったり穴の横のほうにあったりすると、太陽の日差しが強い日があると苗が弱ってしまう可能性が出てきます。

最後に再度水やり

最後の最後に水やりをして終わりです。苗がきちんと土となじんでくれるようにまんべんなく水をかけていけば完了です。

品種、収穫時期

今回植えたタマネギの品種はジェットボールになります。極早生なので全タマネギのなかでもだいぶ早くに収穫できます。

おおよそ100のタマネギが来年の3月の終わり~4月中ごろまでにはできる予定です。

100苗は意外と少ない

今回はタマネギの苗100本の定植でした。写真でみるとこんなかんじです。

なにか物足りないかんもありますが、ご心配なく。

 

次回のタマネギ苗植えは1200本を予定しています。

その際にはなかなか迫力のある写真が撮れるはずです。

 

苗植えの予定は11月5日です。植えたらなちゅbioのFacebooKページでお知らせします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました