正月の高級丹波の黒大豆が余った!よしなら、増やそう

年末前にせっせと黒大豆の販売準備をして、年末商戦で「トレッタみよし」にて販売していましたが・・・余ってしまいました。さて、どうしましょうか?あ、増やしましょう。

年末準備

知り合いから三次産100%の黒大豆、ぞくにいう黒豆を頂戴することができました。

丹波の黒豆

とはいえ写真の通り収穫されたままの状態ですので、これから販売に向けて準備をしていきます。

  • 中身を出す
  • 規格外品を取り除く
  • きれいにふく
  • 真空パックで封入
  • ラベル貼り

ざっくりとこれらが販売までの段取りです。

今回頂いた黒大豆の量は約4.5キログラムで、大人二人がかりでまる2日かかりました。

丹波の黒豆

一等地ゲット

丹波の黒豆

販売準備が完了したらさっそく出荷です。1袋300グラムの黒大豆を16袋ほど持っていきました。

行くと、とてもラッキーなことに「トレッタみよし」で一等地の出入り口付近に「黒大豆」のコーナーができているではないですか!

時期物を出荷するとこういうラッキーがあるのでいいですね。りっぱな黒大豆なので、これでたくさんのお客さんに見てもらえると思うとワクワクしてきました。

売れ残り

16袋中4袋の売れ残り。1200グラムほどになります。

全部売れるかなーと期待していましたが、これって逆にラッキーでした。

売れ残りの豆をタネにして全部植えてしまえば、来シーズンでもっともっとたくさんの丹波の黒豆が収穫できますね。

同じ常会の人の話では、なちゅbioの農地では以前大豆が育てられていたようで、絶好な場所のようですしこれはやるしかありません。

来年は40袋予定!

余った丹波の黒大豆を苗にして植えた場合、少なく見積もっても4袋が40袋にはなる計算!1200グラムの黒大豆が12000グラム(12キログラム)に。

夢がありますねー。黒光りしたきれいな黒大豆になるように頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください