まさかの被害!?台風あとの畑で何が起こる?

今回の台風はとにかくでかかった!

風はまぁまぁでしたが、なんとも嫌なのが雨。

台風がでかいと雨がずうっと降ってしまいます。

 

なちゅbioがある広島県三次市吉舎町も雨が降りました。

台風の直撃はまぬがれたものの、とにかく雨が降りました。

 

台風が過ぎ去った翌日に畑の様子を見に来ました。

ウネ周りが水浸し

ウネに沿って地面が濡れているのは、ウネがしっかり立ち上がって機能しているあかしです。しっかり水がはけています。

でもなかにはウネ周りに水たまりができているところがあります。

この部分だけたくさん土を掘りすぎているので、ウネ周りの水が全てここに集中してしまっています。

この水たまりの下はとても柔らかくなっているので、知らず知らずに足を入れると『ズルッ』となることがあります。非常にあぶなく、毎回ひやひやしてしまいます。

危ないので水が引いたら早速直していきたいと思います。

マルチがたわむ

ピンッと張ったマルチがところどころたわんでいました。

たわんでいるだけならいいのですが、芽の位置がずれていると都合がよくありません。下手するとせっかく出た芽が枯れてしまうかもしれません。

早急にマルチを張り直すことで対応しました。

苗がへなへなになる

あまりの強風とあまりの大雨でホウレンソウがへなへなになっていました。

これは対応策がなく、太陽が出て葉がまたピンとなってくれるのを待つしかありません。

待てば回復してくれるとはいえ、これはなかなかもどかしいものです。ほんとに大丈夫かいな~と気になってしょうがありません。

番外編【小屋】

なちゅbioには敷地内に使われていない小屋があります。

使われていないというか・・・使えないのです。

このようにいまにも崩れてしまいそうだから。

 

昨年まではなんでもなかったのですが、今年に入り台風が来るたびにどんどん崩れていってしまっています。

今回の台風でもガンガンに崩れが進行してしまいました。

 

こちらの修繕は冬を予定しています。

それまでなんとかもってくれ。たーのーむー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください